個人事業の法人化!個人の会社化手続きは事業譲渡所得を確定申告が中心

個人 事業 法人 化

法人成り手続きは、税務中心で、「個人事業の会社化」手順が8ステップ

詳細について 個人 事業 法人 化



新会社法は、小泉改革の中のいわゆる商法改正の一環で、2006年5月に施行されました。50年ぶりとなる大規模な商法改正にはさまざまな項目がありますが、ここでは中小企業の方にとくに関係のありそうな内容についていくつかご説明いたします。

【1円の資本金でも株式会社の設立が可能に】

1円資本金会社とは、旧制度では有限会社は最低300万円、株式会社は最低1,000万円必要とされていた資本金(最低資本金制度)を、1円でもOKとするものです。実は1円資本金会社自体は、従前においても特例制度で設立が可能で、設立後5年以内に資本金を最低資本金まで引き上げるという条件で、会社を設立することが認められておりました(確認会社)。

ただし、厳密には、出資の最低額が1円という意味です。設立時の資本金の額は原則、設立に際し株主となる者が払い込みまたは給付をなした財産の額とされます(会社法445条1項)。しかし、発起人全員の同意があれば、この額から設立費用を控除することができます(会社計算規則43条1項3号)。ただし、資本金が0円であっても、株式の引受人は出資をしており、株式は発行されることになります。

【類似商号規制の廃止】

従前は、会社を設立する際にその会社の商号(会社名)を登記する際に、同一市町村内で同じ営業内容としている会社と同一または類似の商号があれば、新しく設立される会社はその商号を使用することができないと決められていました。そのため、これをチェックするために時間がかかる、という弊害がありましたが、今回の改正でこの類似商号禁止の制度が撤廃され、会社設立の手続きのスピードが向上しました。

ただし、同一住所にて登記する他人の商号と同じ商号は使用することができません。また、不正

Source: http://www.tax-kessan.com/knowledge/zeiritsu/



「所得金額が1000万円を超えたら法人化」 「500万円でも会社設立して節税できる」 など、専門家によっても考えは千差万別です。

そこで、個人事業主と法人の合計税率を比較すると次のことが見えてきました。

これは平成23年(2011年)12月に公布された改正税法を下に、税率を明示して、合計した値から表の回答を導きました。 その際、復興特別法人税は含めず、シンプルにしました。

税率の合計だけを見たとき、330万円超~800万円以下の場合、節税可能なタイプに「法人」としました。

しかし、法人化すると「会社設立費用」で最低でも15万円(合同会社なら6万円)、売上に関係なく「地方税」で毎年7万円~などの出費が必要となり、費用は余計にかさみます。 また、経理処理や税務申告が、個人事業より複雑になって税理士に依頼する(年間30万円~)ことが多いのが現状です。

以上のことから、安定して900万円を超えることが法人化の目安とすると節税も現実的です。

法人化の目安は、安定して所得金額が900万円を超えること

Source: http://j-net21.smrj.go.jp/well/qa/entry/Q0021.html

Leave a Replay

Submit Message