静岡市駿河区 個人事業主 法人成り 会社設立 個人成り 個人事業主に戻る方法。社会保険 負担

個人 事務 所 設立 方法

静岡市駿河区 個人事業主 法人成り 会社設立 個人成り 個人事業主に戻る方法。社会保険 負担

詳細について 個人 事務 所 設立 方法



合同会社はここ数年、新規設立数が右肩上がりに伸びている人気の設立方法です。 2013年の合同会社の設立件数は15,456件でした。(2014年9月発表、法務省 登記統計より)

しかし、株式会社の設立件数は83,329件で、依然として合同会社の5倍以上の設立件数があります。 近年、合同会社の設立件数が増えている一番の理由は、その費用の安さです。(のちに詳しく説明します) では株式会社を選ばれる理由は何でしょうか。 ここでは、合同会社のメリット・デメリットを株式会社と比較してご紹介するとともに、個人事業から合同会社を設立した時に得られるメリット・デメリットをご紹介します。

もくじ

0. 合同会社を設立するメリット 1. 株式会社と比較した合同会社のメリット・デメリット 1-1. 合同会社の設立費用はたった6万円 1-2. 合同会社は株式会社と同じ“節税メリット”が受けられる 1-3. 合同会社は利益分配や経営の自由度が高い 1-4. 信用度は合同会社より株式会社のほうが上 1-5. “代表取締役”と名刺に入れられるのは株式会社 1-6. 合同会社は上場ができない 1-7. 役員任期ごとの手続きが不要

2. 個人事業から合同会社を設立する場合のメリット・デメリット 2-1. 合同会社は税金面で4つの点が優位 2-2. 決算日を自由に設定できる点は合同会社が有利 2-3. 合同会社でも融資・資金調達が有利というわけではない 2-4. 合同会社は経営面でのリスクが少なくなる 2-5. 合同会社は事業承継が容易、相続税がかからない 2-6. 合同会社設立には設立費用が必要 2-7. 合同会社を設立すると、最低でも7万円の法人住民税が発生 2-8. 個人の時より、経理事務負担が増大 2-9. 合同会社を設立すると社会保険への加入義務が発生

0. 合同会社を設立するメリット

合同会社を設立するにあたってはメリット・デメリットがありますが、ひとつ言えることは、業種や事業規模、資金繰り、将来性など様々な面を考慮した上で選択する必要があるということです。

私の考えとしましては、 ・なるべく費用を押さえて設立したい ・家族経営で規模を大きくせず営み続けたい という場合には、合同会社をオススメします。

以下から、「株式会社」と比較した場合、「個人事業主」と比較した場合のメリット・デメリットをご説明しますので参考にしてください。

1. 株式会社と比較した合同会社のメリット・デメリット

会社を設立する、と言った時に、真っ先に思いつくのは株式会社ではないかと思います。 今でも年間10万社の新設法人のうち、8万社以上が株式会社です。 ここでは、株式会社と比較した合同会社設立のメリット・デメリットをお話いたします。

1-1. 合同会社の設立費用はたった6万円

近年、合同会社の設立件数が増えている一番の理由は、その費用の安さです。 合同会社の場合、設立に必要なのは登録免許税6万円のみです。(株式会社の登録免許税は15万円) また、株式会社には定款の認証費用5万円が必要ですが、合同会社は定款の認証が必要がありません。 そのため、株式会社設立時に必要な公証役場での定款認証手続きが不要なため、事務負担も軽減します。 とにかく安く設立したい、という場合は合同会社がお得です。 ※電子定款にて会社設立した場合の費用比較

1-2. 合同会社は株式会社と同じ“節税メリット”が受けられる

合同会社は、個人と比べて節税メリットが株式会社とまったく同じく受けられることもメリットのひとつです。 個人だと、経費の範囲が非常に狭く、経費として認められないも�

Source: http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/07_3.htm



ホーム>税について調べる>パンフレット・手引き>パンフレット「暮らしの税情報」(平成28年度版)>個人で事業を始めたとき/法人を設立したとき

個人で事業を始めたとき/法人を設立したとき事業を始めたときや法人を設立したときに必要な届出

 個人は個人事業の開廃業届出など、法人は法人設立届出などが必要となります。

個人で事業を始めたとき

 開業後1か月以内に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出してください。そのほかにも、税法上の諸制度を利用する場合には、次のような届出も必要となります。

個人事業の開業・廃業等届出書に給与等の支払の状況を記載した場合は、提出は不要です。

法人を設立したとき

 法人登記終了後に、「法人設立届出書」を提出してください。そのほかにも、税法上の諸制度を利用する場合には、次のような届出も必要となります。

〈届出書などの提出はe-Taxが便利です〉

個人事業の開業・廃業等届出、法人設立届出、青色申告の承認申請、給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請などは、e-Taxを利用してオンラインで申請・届出ができます。(「e-Tax(国税電子申告・納税システム)」参照)

Source: http://subaru-juku.com/llc-merit-demerit-438

Leave a Replay

Submit Message