合同会社設立 電子定款 代表社員

合同 会社 設立 電子 定款

合同会社を設立するためには、次のような書類が必要になります。

*登記手続きのご依頼をいただく場合には、

「資本金を払い込んだ口座の通帳のコピー」

をご用意ください。他の書類は当事務所で作成いたします。

1.定款  当事務所では、電子定款方式を採用しております。

(電子定款にすることで、収入印紙代4万円のコストが削減できます)

資本金を払い込んだ預金口座の通帳のコピーを提出します。

お客さまには、通帳の表紙、1ページ目(口座番号、氏名等が記載されているページ)、定款作成日以降の入金が記帳されたページの3種類をご用意いただきます。

なお、このために新しく口座を開設する必要はありません(また、会社の口座は設立前のため、開設することはできません)。

ネットバンキングでも、銀行名、支店名、口座番号、口座名義人、払い込んだ資本金の払込金額、払い込み日等が記載されているものをご用意いただきます。

法務局に法人の印鑑を届け出るために必要になります。 これには代表社員の個人の実印を押印します。 

発行後3ヶ月以内の個人の印鑑証明書が1通必要です。 

登記完了後、印鑑カードの取得も代行いたします。

Source: https://llc-support.jimdo.com/合同会社設立-必要書類/



動画を見ます 合同 会社 設立 電子 定款

合同会社設立 電子定款 代表社員

詳細について 合同 会社 設立 電子 定款

印紙税法(昭和四十二年五月三十一日法律第二十三号)

第二条  別表第一の課税物件の欄に掲げる文書には、この法律により、印紙税を課する。

別表第一 課税物件表(第二条―第五条、第七条、第十一条、第十二条関係)

課税物件六           定款

定義1 定款は、会社(相互会社を含む。)の設立のときに作成される定款の原本に限るものとする。

課税標準及び税率 一通につき四万円

非課税物件1 株式会社又は相互会社の定款のうち、公証人法第六十二条ノ三第三項(定款の認証手続)の規定により公証人の保存するもの以外のもの

Source: http://o-kai-up-to-date.hatenablog.com/entry/2016/04/20/224941

Leave a Replay

Submit Message