#_起業支援は起業塾!熟練税理士が導く節税と社保節約,融資と資金繰り

起業 税理士 費用

#_起業支援は起業塾!熟練税理士が導く節税と社保節約,融資と資金繰り

詳細について 起業 税理士 費用



この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

目次 起業時に出会う税理士は費用対効果が高い! 税理士に依頼できる仕事 税理士の仕事1.税務代理業務 税理士の仕事2.税務書類の作成業務 税理士の仕事3.税務相談業務 税理士の仕事4.会計業務 税理士の仕事5.コンサルティング業務 税理士の仕事6.その他 税理士の顧問費用は 確定申告を税理士に依頼する費用は 税理士にかかる費用と顧問契約の業務内容まとめ

起業時に出会う税理士は費用対効果が高い!

顧問税理士がどんな仕事をしてくれるか知ってますか? 顧問税理士にどれ位費用がかかるか知ってますか?

私は、回し者ではありませんが、これだけは確実に言えます。

「起業時に出会う優秀な税理士ほど、コスパの高い存在はない!」と。

特に、売上が1億円未満の会社であれば、優秀な顧問税理士との出会いは恩恵を十分に感じることができます。そんな優秀な税理士選びのチェックポイントは以下にありますので、ご参考に。

さて、上記ページ内で顧問税理士にかかる費用にも触れていますが、これは一体どのような仕事に対して支払われるものなのでしょうか。

今回は、優秀な税理士選びの参考になる税理士の仕事内容と、それにかかる費用に関してお話したいと思います。

税理士に依頼できる仕事

税理士の仕事は大きく分けて3つあります。そして、税理士という資格を持っていることで、その3つの業務を独占的に、私たちに提供できることになっています。

税理士の仕事1.税務代理業務

企業に代わって、税務関連書類を税務署等に申告・申請することができます。また、税務署による税務調査に立ち会い、企業に代わって、税務調査の対応を行います。

税理士の仕事2.税務書類の作成業務

税務署に提出する書類を企業に代わって作成します。

税理士の仕事3.税務相談業務

企業に代わって、確定申告による税金の計算、それに関する手続き、税務内容の質問に回答したり相談対応をします。

上記3つが、税理士の仕事と呼ばれているものです。企業にとって一番重要な確定申告処理は、「1.税務代理業務」「2.税務書類の作成業務」に該当します。

税理士の仕事4.会計業務

会計業務とは、財務3表など決算書類の作成、会計帳簿の記帳代行、また月次決算業務などを行います。

税理士の仕事5.コンサルティング業務

コンサルティングは、経営に関するアドバイスや税金に対するアドバイスを行います。

月次決算や年次決算などで作成した決算書類を基に書類分析や節税対策、資金繰りに関するアドバイスです。

税理士の仕事6.その他

融資の際の金融機関との折衝や企業買収、合併などのM&Aに関するアドバイザー業務、また、社労士、司法書士、弁護士などと連携をして、企業の裏方事業を一手に引き受けることもあります。

優秀な税理士は、「4.会計業務」「5.コンサルティング業務」「6.その他」が優れています。特に、専門機関との折衝や、社長目線で経営アドバイスができる税理士は非常に優秀だと言えます。

税理士の顧問費用は

さて、これらの仕事をしてもらうために税理士と契約を結びます。これを顧問税理士制度と呼びます。顧問とは、相談を受けて意見を述べる役目のことです。

Source: https://www.zeiri4.com/c_4/h_25/



はじめに

「開業の準備でかかった費用は経費にできるの?」このような疑問を抱えている個人事業主の方もいるのではないでしょうか。結論から言えば、開業費は経費にできます。しかし、だからといって開業費として何でも認められるわけでなく処理方法にもルールが存在します。

そこで今回は、個人事業主としてこれから事業を始めようと考えている方や、すでに個人事業主として事業を開始していて、初めての確定申告を迎える方のために、節税にも役立つ「開業費」についてご説明いたします。

開業費とは?

開業費とは「開業まで支払った、開業準備のための費用」を指します。なお、これからご説明するのは、あくまで「個人事業主」での開業費についてです。「法人」の場合には「会社設立時点から営業開始までに支払った、開業準備のための費用」を指し、開業費として認められる範囲や扱いも、これからご説明する内容とは異なるのでご注意ください。

開業費として認められる費用

まず、一般的に開業費として認められやすいのは以下のような費用です。

開業費として認められない費用

一方、開業費として認められにくいのは以下のような費用です。

以上のように例を挙げましたが、実は、どのような費用が開業費になるのかということは具体的には定められていません。このため、開業費になるかどうかは、業態や金額などをもって個別にケースバイケースで判断されます。不自然な点が多い場合には、税務調査が入り、指摘される可能性もあるので注意が必要です。

そうならないためにも、「証拠」があって、開業のための費用として「常識の範囲内」で「合理的な説明ができる」ものを開業費として処理するようにして、領収書などを保管しておきましょう。

※10万円以上のパソコン購入費など、固定資産となるものは、開業費用ではなく償却資産として扱い、耐用年数に合わせて減価償却を行っていきます。ちなみに、10万円以下の固定資産に関しては、償却資産ではなく開業費として処理します。

開業費として認められる期間

次に、いつからいつまでの費用が開業費と認められるかについてですが、これも具体的には定められていません。しかし、数年前の費用が開業費として計上されていたら、疑問を持たれる可能性が高いため、一般的には数ヶ月から半年前から開業日までが妥当であるとされています。

開業費の処理方法

開業費の処理は、費用として計上されると思われがちです。しかし実際は、開業費は費用ではなく繰延資産として計上する必要があります。繰延資産とは、一年以上に渡ってその効果が及ぶ資産のことです。このため、繰延資産は効果が及ぶ期間にわたって償却します。

[節税ポイント]開業費は繰延資産として任意償却できる

この開業費は繰延資産として償却をするということが、節税の大きなポイントになります。償却には、定額法や定率法などがありますが、開業費は任意償却という方法を選択することが出来ます。

任意償却とは、定められた期間の中で好きなときに好きなペースで償却をする事ができる仕組みです。開業費の場合、最大5年の間での任意償却が認められています。

このため、開業して赤字のときは償却をせず黒字のときに償却をしたり、利益が多く出た年にまとめて償却したりと、財務状況に合わせた償却が可能で、これにより大きな節税効果が得られます。

おわりに

ここまで開業費の考え方や節税効果をご説明してきました。個人事業主としてスタートした直後は、収入面が安定しないこともあるでしょう。本記事が、開業費を適切に処理して節税メリットを得て、みなさまの事業成長の礎を築くための一助になれば幸いです。

Source: http://www.syachou-blog.com/cost-of-the-tax-accountant/

Leave a Replay

Submit Message